信頼できるハウスメーカーの営業を見定める方法

多くのハウスメーカーから信頼できる会社を選ぶには、営業マンの人間性を見定めることが大切です。その会社の営業マンを見ることで、会社そのものを判断することができます。ハウスメーカーの営業マンはセールスだけを行うわけではなく、顧客のアドバイザーを兼ねていると言ってよいでしょう。しかし、パートナーではないことは明らかで、目的は会社の利益であることに注意が必要です。セールスマンでもなくパートナーではない微妙な存在がハウスメーカーの営業マンなので、人間性の見極めが必要となります。

営業マンの見極めは人間性の判断が必要ですが、完成形を知るのは容易ではありません。自分の自慢や会社の批判をする人物は人間性に疑問が残るので、断る勇気も必要です。完成形に達した営業マンは自分の自慢や会社の批判はしない傾向があります。信頼できる営業マンと知り合うまでは、何度も断る手間をおしむべきではありません。ビジネストークにだまされること無く、人間性を正確に判断することが、信頼できるハウスメーカーを見極める方法です。

営業マンのビジネストークにだまされずに、本音を引き出すためには真剣な打ち合わせが必要となります。担当者が決まったら、疑問なところを遠慮しないで質問することが大切です。ハウスメーカーは顧客からアプローチしなくても作業を進めてくれますが、実はこれが危険なことにつながります。注文住宅は依頼者のペースで打ち合わせを進めることが成功につながります。会社のペースで進めると、要望とは異なる住宅ができてしまうことになりかねません。

担当者との間では、費用面の話や住宅の中身に話をするのが効果的です。自己資金や融資の可能性から、建築費と面積の適切なボリュームを知るには、担当者の活用が便利です。技術的な内容は設計者と打ち合わせが必要なので、営業マンとは他の話題をするのがベターとなります。

ハウスメーカーの担当者は当然ながら会社の商品を良いものだと信じ込んでいます。どの会社を選ぶか決めていない段階では、話が食い違うこともあるのです。工法に関しては、どの会社も自信を持っているので、悪い面は引き出せません。ハウスメーカーの使う工法は、どれも技術的に高い水準にあることは間違いなく、担当者の話を元に判断することは難しいのが実情です。会社によりはっきり差が出るのがアフターサービスと補償の問題です。アフターサービスと補償の話をすることで、会社の顧客に対するスタンスを知ることができます。