断熱性の弱い窓の対策を怠るな!

注文住宅の省エネは窓の断熱対策が重要となります。窓の断熱性を高めるには二重サッシにするのが効果的で、窓の弱点を補強してくれます。また、断熱ガラスを採用することも熱を通さないよう性能を高めてくれます。しかし、二重サッシや断熱ガラスは一般に高額で、工事費を高くしてしまうのも事実です。二重サッシや断熱ガラスよりお手軽な対策として、断熱フィルムや遮熱シートを貼る方法や、ガラス面のコーティングが考えられます。この方法は費用をかけずに効率的に断熱性能を高めてくれます。断熱フィルムや遮熱シートを貼る方法やガラス面のコーティングはお手軽で効果的な方法として注目されているのです。

断熱フィルムや遮熱シートが効果的なのは、差し込む日射を防いでくれるからです。窓の弱点は閉じていても光が入ることですが、断熱フィルムや遮熱シートは効率的に日射が入るのを遮断します。日射が入るのを防ぐ方法としては、長い庇の出が効果的です。元々日本の家屋は庇の出が深く、日射が入り込むのを防いでいました。屋根の庇を出すには屋根の勾配を緩くし、垂木を太くすることで実現できます。

住宅の省エネは外皮に弱点をつくらない事が大切です。断熱材は連続して用い、切れ目の無い連続した施工が重要となります。グラスウールなどの厚みのある材料は壁内に隙間を生じさせることがあります。隙間無く施工するためにはセルロースを吹き付けて充填させるなどの工夫が必要です。地面は熱を通しにくいですが、立ち上がり壁は熱を通すので、その部分にもポリエチレンフォームなどを設置する必要があります。

省エネのためには本来、二重サッシが効果的で、北海道などの寒冷地は複層ガラスに二重サッシが基本の装備です。性能の高い省エネサッシは、枠の材料や構造に熱を通さない工夫がされています。一般のサッシより高額なため、普及が難しい面もあります。省エネのためのガラスは通常の複層ガラスではなく、ガラスとガラスの間にアルゴンガスが充填されています。アルゴンガスは空気層より熱を通しにくい性質があるので、省エネのためのガラスに使われるのです。

住宅の省エネでは窓の向きも大切な要素となります。夏の季節は東面と西面からの日射量が多く、その方向に窓を設けると不利になります。省エネのためには窓は南面に設けるのが正解で、北面の窓はさらに日射量が少ないことが知られています。住宅の断熱は屋根や壁だけでなく、窓やドアにも十分な配慮が必要です。